「華光誌」78-4号発送

 「はちす」に引き続き、「華光誌」78-4号の発送をしました。
大阪、京都の同人に助っ人を頼みました。ありかとう。おかげで、増税前の9月中に発送することができました。
今号には、いくつかの目玉があります。
まず、誌上「法話」ではなく、「感話」であること。F氏が病気で倒れたお母様の姿と、看護・介護を通しての味わいですが、「平生業成の人」と題した、真宗の要点がすっきり示された、有り難いです。
もう一つは、「これからの求道と伝道を考える」の3回目で、質疑や感想の部分を掲載。質疑が文章化されることは珍しいです。
信仰体験記は、初めての女性が二人だが、二人とも今回限りので読み切りです。新年号から、新しい顔ぶりで連載されます。
また本号は「年賀交換」の申込のご案内があります。11月末が締め切りです。奮ってどうぞ!  (かりもん)

この記事へのコメント